ご飯を食べない猫。何日まで大丈夫?食欲不振と不調・病気について

猫がご飯を食べない 猫が患う病気の中には、食欲が異常に高まったり、いくら食べても痩せてしまうものなどもありますが、そういった特殊な病状を除いて、ほとんどの病気で食欲不振が起こります。
ですので、食欲不振が起こった際に考えられる全ての病気を挙げることは出来ませんが、今回はどこに気をつけてみてあげるべきなのか、どんな症状が出るのか、お話していきます。

何日くらい食べなくても大丈夫なのか?

何日様子見で大丈夫? まず「1食分食べなかった」というのはそれほど重大な問題ではなく、食欲不振といえません。
いつも食べている量から変化が見られ、それが続くというのが食欲不振です。
また、その時間も年齢によって違い、

  • 1~2ヶ月齢…8時間以内
  • 2~3ヶ月齢…12時間以内
  • 3~4ヶ月齢…16時間以内
  • 1歳以上…24時間以内(1日)

となっており、それ以内であれば特に異常ともいえません。
食欲不振以外にも他の症状が見られる場合には、救急の症状を除いて24時間(1日)以上おさまらない様ならば、病院へ連れて行ってあげましょう。
また、何も食べない状態が36時間(1日半)続く様なら獣医さんの診察を受けてください。
特に太った猫の場合は、絶食状態が36時間(1日半)を過ぎると肝臓に脂肪がたまる脂肪肝という病気になります。
衰弱や黄疸がでるなどの症状が急激に起こりますので、「まだ大丈夫」と思わずに、絶食が許されるのは36時間(1日半)までである事を、きちんと覚えておいてください。

食欲不振以外の症状がないか確認しましょう

病気が疑われるケース 病気による食欲不振といっても、熱があるのか、消化器系に何か不調が起こっているのか、他の病気や怪我によるによる痛みによるものなのか、様々です。
その場合は食欲不振の他に何か症状が出ていないか気をつけてあげることが大切です。
元気がなく、うずくまっている様なら、熱や体のどこかに痛みがあると考えられます。その他にも、下痢、嘔吐、血尿などがないかも注意してあげましょう。

口の中の痛み

食欲不振の原因が口の中の痛みだった場合、歯周病や口内炎などが考えられます。
口の中の病気が比較的多く見られる猫ですが、口を開けるのを嫌がるので、獣医さんの診察を受けた時には症状がかなり進行してしまっているということも多いようです。
口内炎を疑う症状としては、口臭やよだれ、食べるときに痛がるなどがありますので、普段からよく観察してあげてください。
また、予防と早期発見の為に、子猫のころから口を開けることや歯磨き等、口の中を触られる事に慣らしておくことや、食事も歯石のつきにくいものを選んであげましょう。

嘔吐

「吐く」という行為の原因は、状況等によって原因が違ってくることもあるので、獣医さんに診察してもらう場合は正しく診断していただくため、状況やタイミング、吐いた物など、よく観察して、正確な情報を伝える事が大切です。
また、猫は全身を舐めて毛づくろいをするので、その時に飲み込んだ毛が胃の中に溜まってしまい、毛玉として吐くことも。
そういったことから比較的、猫が吐くのをみることが多いため軽視しがちですが、たとえ毛玉だったとしても、頻繁に吐くことは通常ではありませんので、そんな場合は一度獣医師の診察を受けることをおすすめします。

下痢

下痢が起こる原因は、腸自体の病気や感染、異物等様々です。原因が違っていても、最終的な症状は下痢として表れるため、獣医さんに診ていただく場合には、量や回数など多くの情報を伝えられる様にしておきましょう。
多量の血液が出ていたり、脱水症状がひどい場合や中毒の可能性がある場合はすぐに動物病院へ連絡をしてください。

水を飲まない

栄養分ではありませんが、水は生きていくのに必要不可欠なものです。
体のタンパクや糖分、脂肪などは仮に半分失われても動物は生きていられますが、水分は10%でも失われたら大変なことになってしまいます。
現在の飼い猫は乾燥した砂漠で生きていたヤマネコの特徴を多く残していることから、急な脱水に対して犬や人間よりは耐性がありますが、当然、脱水状態が長く続けば命に危険が及びます。
普段、ドライフードを食べている場合は水を飲む事で水分を補うため、フードボウルのそばにはいつも新鮮なお水を用意しておいてあげましょう。
缶詰などウェットタイプのキャットフードである程度の水分を取り入れている場合は、頻繁に水を飲む姿を見かけなくても問題はありません。ですが、その場合は食欲不振になった際に、栄養分だけでなく水分も摂れていない事を忘れないでください。
皮膚をつまんですぐに戻らない場合は明らかに脱水しており、もっとひどくなると目がくぼんでしまいます。
脱水の症状が見られ、それでも水を飲まなかったり、食事をとらない場合は、動物病院で水分や栄養を補給してもらう必要があります。

これでフードのお悩みすっきり解消!
ネイチャーライフのメルマガ。

愛犬、愛猫がご飯を食べない…涙やけってフードで治るの?手作りって何から始めたらいいの?etc..
ペットの食事ってよく分からないと悩んでいませんか?

 

当メルマガはフードの専門家が監修。ペットの食事のお困りごと解消に役立つ内容となっています。ぜひ、愛犬・愛猫の食生活の改善にお役立てください。

 

私たちがご相談お承り致します!

ご相談・問い合わせは通話無料ダイアルまで 0120-258-587(無料) 受付時間10:00〜19:00 (土・日祝除く) 運営会社:株式会社バイタルフォース

〒102-0074 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F
TEL:03-6869-7458 [東京]
〒540-0026 大阪市中央区内本町2丁目1-19 松屋ビル 9F
TEL:06-6943-6226 [大阪]

2017年9月現在

ご相談件数
709
解決済み
661

フード選びで困った時はお気軽にフリーダイヤルまたはWEB
フォームよりお問い合わせください。

[無料]ご相談・お問い合わせフォームへWEBからのお問い合わせは24時間365日受付しております。お気軽にご相談ください。