離乳食をあまり食べない子犬

愛犬、愛猫の「ご飯食べない」にお悩みの方、専門カウンセラーがご相談承ります。

子犬 子犬は生後3~4週齢で固形食を食べ始めます。
といっても、すぐに上手に食べることが出来るわけではありませんので、もちろん最初は離乳食から。
成長期には成犬の時より多くの栄養素が必要です。栄養素が不足や過剰にならない様、バランスの良いご飯を与えてください。
始めは少量ずつからで良いので、口の周りに離乳食をつけて、舐めさせることで味に慣れてもらい、その量や回数を徐々に増やしたり、また、排泄物の様子を見ながら硬さなども調整してみてください。
フードボウルから食べることや、器からお水を飲む事にも、ゆっくり慣れていってもらいましょう。
今まで母乳や犬用ミルクで育ってきた子犬にとって、離乳食は未知の食べ物です。
なかなか食べてくれなくても、焦る必要はありません。食事は少量ずつ、口の周りにつけても舐めてくれない様なら、口の中(上顎)に塗ってあげたりして、少しずつ慣れていってもらいましょう。

私たちがご相談お承り致します!

ご相談・問い合わせは通話無料ダイアルまで 0120-258-587(無料) 受付時間10:00〜19:00 (土・日祝除く) 運営会社:株式会社バイタルフォース

〒102-0074 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F
TEL:03-6869-7458 [東京]
〒540-0026 大阪市中央区内本町2丁目1-19 松屋ビル 9F
TEL:06-6943-6226 [大阪]

2017年10月現在

ご相談件数
808
解決済み
750

フード選びで困った時はお気軽にフリーダイヤルまたはWEB
フォームよりお問い合わせください。

[無料]ご相談・お問い合わせフォームへWEBからのお問い合わせは24時間365日受付しております。お気軽にご相談ください。

これでフードのお悩みすっきり解消!
ネイチャーライフのメルマガ。

愛犬、愛猫がご飯を食べない…涙やけってフードで治るの?手作りって何から始めたらいいの?etc..
ペットの食事ってよく分からないと悩んでいませんか?

 

当メルマガはフードの専門家が監修。ペットの食事のお困りごと解消に役立つ内容となっています。ぜひ、愛犬・愛猫の食生活の改善にお役立てください。